クレヨンしんちゃんの作者臼井さんは自分の死を予知していた!?

クレヨンしんちゃんの作者臼井さんは自分の死を予知していた!?

クレヨンしんちゃんの作者臼井さんは自分の死を予知していた!?

 

クレヨンしんちゃんの作者である臼井義人さん。

 

臼井さんが自分の死を予感していたのではないかという都市伝説です。

 

 

 

クレヨンしんちゃんの19巻で『ターミネーターvsしんのすけ』という話があり、

 

その話では2010年の未来からカザマ君がやってくるというもの。

 

(この話を書いた当時は1996年だったとか)

 

そこでしんのすけ達は未来からきたカザマ君に聞きます

 

「俺たち2010年にはどうなってる?」 「オラ、鈴木杏樹と結婚してる?」と。

 

すると、カザマ君は「どうしても聞きたいですか…?」と言い、しんのすけ達はそれ以上未来の事を聞かなかったとか。

 

臼井さんが亡くなったのは2009年ですので、自分の死を予感していたのでは?という噂が流れているのです。

 

何はともあれ臼井先生のご冥福をお祈り致します。

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ