しんちゃんは実は死んでいる!?の都市伝説

しんちゃんは実は死んでいる!?

しんちゃんは実は死んでいる!?

 

みなさんもアニメや漫画で一度は見たことがある、『クレヨンしんちゃん』

 

クレヨンしんちゃんといえば、下品な描写なども多く、『子供に見せたくなテレビ番組』では何度もトップ5に入ったことがあるテレビアニメでもあります。

 

そんなクレヨンしんちゃんには実は、怖くて悲しい都市伝説があったんです・・・

 

 

 

 

 

クレヨンしんちゃんの主人公しんのすけは、5歳の時に事故で亡くなっているというもの。

 

ひまわりをかばおうとして、車に轢かれてしまい亡くなってしまった。

 

 

5歳で我が子を亡くした母親のみさえは、精神を病んでしまい、

 

ノートに「もし、しんのすけが生きていたら楽しかっただろうな・・・」と妄想を膨らまし、クレヨンで物語を描いた。

 

それが『クレヨンしんちゃん』という物語になったという。

 

 

しんのすけの下品な行動も、みさえが妄想していたことなのかもしれませんね。

 

そんな裏設定があるかもしれない・・・都市伝説でした。

 

 

 

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ