【意味怖】イタズラ好きな何か

【意味怖】イタズラ好きな何か

【意味怖】イタズラ好きな何か

 

子供の頃、イタズラ好きな何かと一緒だった。

 

見えなかったから何かの正体は分からなかったけど、イタズラ好きだった。

 

例えば、俺が誰かと並んで座ってたり歩いてたりすると、良く隣の人の肩をトントンと叩いてた。

 

巧いこと見てない隙を狙うので、大抵は俺が疑われた。

 

小学校三年生辺りで慣れた。

 

ただ、時計が狂うのは困り物だった。

 

電池式・家庭用電源・アナログ・デジタル問わず、身の回りの時計は月差15〜30分はズレた。

 

 

 

音楽を聴いてると、スピードが早くなったり遅くなったりした。

 

CD聴いてると勝手に早送りとかするんで、一回「うるさいよ」って呟いたら、

 

その瞬間に正常に戻ってちょっと笑った。

 

 

 

中学生になって、生きていれば一つ下の弟がいたと聞かされた。

 

あれは弟なのかな、と思った。

 

 

ドジな所もあった。

 

高校生の頃には、隣の彼女の肩をいつもの様にトントン叩いたが、

 

振り向いた彼女が見たのはジュースを注ぐ為に両手が塞がってたので彼女パニック。

 

超パニック。

 

時計も相変わらず狂う。俺ちょっと涙目。

 

 

 

外を歩いていて、いきなり後ろから引っ張られて立ち止まったら、

 

目の前にハトのフンが落ちた事もあった。

 

高校を出て上京した時は、トントンのお陰で出来た友達が居た。

 

トントンがきっかけで彼女も出来た。

 

ちょっと助かった。

 

でもまだ時計は狂う。

 

 

 

二十歳を幾らか過ぎた頃から、イタズラはなくなった。

 

時計も、もう狂わない。

 

 

解説

 

イタズラをしていたのは亡くなった弟の霊。弟も兄と共に成長していった。

 

『二十歳を幾らか過ぎた頃』つまり、弟が成人を迎えたころにイタズラは止まった。

 

『もう子供じゃないからね』と。

 

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ