【意味怖】一つ願いを叶えてあげよう

【意味怖】一つ願いを叶えてあげよう

【意味怖】一つ願いを叶えてあげよう

 

少女のところにお星さまが降り立ちました。

 

「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」

 

お星さまはいいました。

 

少女は泣いていました。

 

「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」

 

次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんと

 

おとうさんとおにいちゃんがいました。

 

少女は後悔しました。

 

その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。

 

「気に入ってもらえたかな」

 

少女はいいました。

 

「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」

 

お星さまはいいました。

 

「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」

 

少女は泣きました。

 

 

解説

 

少女は家族と血の繋がった実の子ではなかった。

 

つまり養子として育てられている。

 

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ