【意味怖】命名

【意味怖】命名

【意味怖】命名

 

俺の親父には、どうやら悪魔信仰のケがあるらしい。

 

母によると、俺が生まれたことがそのきっかけになったという。

 

というのも、平成六年六月六日午前六時六分、俺は生まれたらしい。

 

そこに何か言葉には出来ない、ある種の運命めいたものを感じるあたり、パチスロ狂の親父らしい。

 

まあ、単なる数字のゾロ目ならびに、何を感じるものがあるのやら、はなはだ不可解だが。

 

 

 

母によると俺に名前をつける際、いささか揉める事態が夫婦間に起こったそうな。

 

『六助』。

 

始め親父は、俺にこんな名前をつけようとしたという。

 

夫婦にとって初めての子供なのに、何故また六なのか。

 

そこは親父なりのセンスなのだろうが、そうのんきにもしていられない。

 

何せウチの名字は『鹿録』。『カトリ』と読むのだが、読み方によってはロクロクとも読める。

 

六だらけの日時に生まれて、名前にもロクが三つ。

 

欧米かぶれなわけでも、映画『エクソシスト』の見すぎなわけでもないが、やはりいい気味がするものではない。

 

母の猛反対により『六助』は却下。

 

 

 

次に親父が捻出した一案が『陸』。

 

「かつて陸上自衛隊勤めしていたから」と、一見もっともらしい理由をつくろったらしいが、

 

ばりばりの文系才媛である母の目はごまかせない。

 

小切手や領収書など、大金が動きうる取引上、

 

ちょっとした書き足しひとつで、額面よりも多めに請求できてしまえる、

 

『一』の上に横線一本で『二』、二本で『三』、縦に一本ひけば「十」にしてしまえもする。

 

それを防ぐべく、本来のとは異なる、金額記入の際にのみ用いられる難字というのが導入されたわけだ。

 

『一』なら『壱』、『三』なら『参』という風に。

 

そのことを知識として持っていた母のおかげで、親父の妙案(?)はまたしても却下。

 

『陸』は『六』の難字表記だ。

 

 

 

よからぬ企みがあったのか否かはもう分からないけど、

 

興醒めだとでも言わんばかりに、命名の役目を母に押しつけてきたらしい。

 

「正しく一本の道を歩んでいってほしい」という願いを込めて、『正一』と名付けてくれた母さん。

 

何故だか母のその発案を、快く手放しで祝福してくれた親父。ありがとう。

 

高校に進学したら、勉強も部活もアルバイトもがんばるよ俺。

 

 

解説

 

よく数を正の字で数えるが、『正一』は6を意味する。

 

母も悪魔信仰をしていた。

 

 

関連ページ

【意味怖】片づけ
【意味怖】なんでなの!
【意味怖】世界一旨い料理
【意味怖】一歩下がる
【意味怖】刑務所の手紙
【意味怖】赤い手袋
【意味怖】妊婦
【意味怖】苦情
【意味怖】くちゃーに
【意味怖】ターヒヌの歌
【意味怖】俺とユウキとアズ
【意味怖】中二病
【意味怖】ミルキー
【意味怖】記憶喪失
【意味怖】超能力
【意味怖】完全犯罪
【意味怖】幽霊見ちゃった
【意味怖】穴
【意味怖】霊感持ち
【意味怖】浮いてる人
【意味怖】世界にたった一人の男
【意味怖】殺人犯
【意味怖】遠足
【意味怖】告白
【意味怖】彼女の家
【意味怖】都市伝説
【意味怖】100階
【意味怖】良い匂い
【意味怖】輝け
【意味怖】黒猫
【意味怖】首
【意味怖】アヤが帰ってきた
【意味怖】火災報知器の設置
【意味怖】いつ死にたい?
【意味怖】魚
【意味怖】見えない
【意味怖】築32年
【意味怖】見知らぬ人
【意味怖】宅配便
【意味怖】二つの選択
【意味怖】食物連鎖
【意味怖】結婚した爺ちゃん
【意味怖】ちょっとしたことで怒る母
【意味怖】キキキキーーーーードン!!
【意味怖】童麺
【意味怖】オウム
【意味怖】イタズラ好きな何か
【意味怖】リーディング
【意味怖】一つ願いを叶えてあげよう

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ