ベルリンの壁は危険?の都市伝説

ベルリンの壁は危険?

ベルリンの壁は危険?

 

冷戦中に建設された「ベルリンの壁」
だが、1989年にこの壁は破壊されたことはよく知られている。

 

そんなベルリンの壁のコンクリートには大量のアスベストが含まれていたとか。
アスベストは人体に悪影響を及ぼし、発がん性もあると言われている。

 

そんな危険なアスベストを含んでいるベルリンの壁。
壁が壊された後、その破片などが世界各地で売られていた。

 

記念にと家に破片がある方は、早めの処分をお勧めする。

 

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ