人は死ぬと軽くなる?魂の重さの都市伝説

人は死ぬと軽くなる?魂の重さ

人は死ぬと軽くなる?魂の重さ

 

人が死んだときの体重を量り、魂の重量を計測しようとした実験があった。

 

一人目の患者が死んだときに21グラム重量が減ったため、
魂の重さは21グラムという噂が広まった。

 

他にも犬で実験をしてみたが、犬の体重に変わりはなかったという。

 

真偽はわからないが、人の呼気に含まれる水分で体重が減っているのではないかという説もある。

 


スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ