スポンサーリンク

【意味怖】とあるサラリーマン


俺は、とある商社のサラリーマン。
いくつか失敗こそあったが、上司や同僚に恵まれ何とかここまで来れた。
というのも、近々俺は結婚するのだ。
相手は上司の娘。
少しわがままなところもあるが、綺麗で動物好き、マイペースだが母性にあふれ、
何より俺に惚れてくれている。
思い返せば長かった。
家庭に恵まれなかった俺は、一時期ワルぶったこともあった。
父親が借金を残して蒸発、残された母はほどなく病死。
親戚に厄介になったこともあれば、家出してホームレス生活を送ったこともある。
今でも時々夢に見る、その日の食事にも事欠く暮らし。
よくもまあ結婚までこぎつけたものだ。
結婚式も間近に迫り、俺はまたあの夢を見た。
何度見ても憂鬱なこの夢。
常に腹の虫が鳴り続ける。
寝床にしているダンボールをたたんで、もそもそと起き上がる。
体中がかゆかったのも少し前まで、今はその感覚も麻痺している。
気だるいが、食い物を探しにゴミ箱を見回らなければ。
ああ、はやく現実が見たい。

解説


明るい将来を控えているというのが理想で、
現実はホームレスである








タイトルとURLをコピーしました