スポンサーリンク

【意味怖】就職面接


俺は大学4年だ。
ほとんどの友達は内定を貰っていたが、俺は内定を貰ったことが無い。
そんな俺だけど、今日は就職の面接がある日だ。
スーツや靴も新調した。
ちゃんと目覚ましもセットした・・・はずだった。
電池が切れていたことに気づかないとは情けない・・・。
もうどんなに急いでも間に合わない。
結局30分遅れで、会場に着いた。
ドアを開けると同時に、全員に謝りまくった。
「申し訳ありません、遅れました、申し訳ありません」
みんな睨んでる。
「本当に申し訳ありません」
ひたすら謝ったけど、みんな目が怖い。
そんなんで面接は終始、重苦しい空気だった。
遅れたのは確かに悪いと思う。
だけど創設以来、会社のモットーは”アットホーム”と”寛容”だってHPにも書いてあるのに。
面接はどうなったかだって?
もちろん全員不採用だよ。

解説


大学四年生とあるが、語り手はその会社の社長である。
自分が遅刻してきたことに寛容でない就活生を不採用にした








タイトルとURLをコピーしました