スポンサーリンク

【意味怖】淡々と生き延びよう


強烈な空腹感で目が覚めた。
体を起こしてみるが部屋には誰もいない。
「また男の所か。」私は腹立たしい気持ちを抑えてベッドに横になった。
またどうせ明日まで帰ってこないのだろう。
やっと歩けるようにはなったが、まだ一人では食事もままならない。あの女にとって私などペットのようなものなのだろう。
いつか復讐できる日まで、淡々と生き延びようと思う。
あと10年くらいか…。

解説


語り手は乳幼児である。
母親は育児放棄している








タイトルとURLをコピーしました