スポンサーリンク

【意味怖】夜道


近頃近所で殺人事件が相次いでいた。
それを知っていても私は夜道を運動のため走っていた。
走ること数分間。
遠くのほうに街灯が見え、その袂に誰かいた。
だんだんと街灯に近づく。
その人物は不気味だ。一歩も動かない。
まさか、あいつが犯人だろうか?
そう思った私は、走る速度を上げた。
その男はこちらを見ると、絶叫した。
怪訝に思ったが、私は無視を決め込んだ。
怪しい人物に関わらないようにしよう。
私は、逃げるようにして男の前を通った。
――その後、「私」を見たものはいない

解説


語り手の後ろには包丁を持った殺人鬼がいた。
『遠くのほうに街灯が見え』
街灯の所に立っている男からは語り手の女性を見ることができない(暗いため)
街灯の前に語り手が来た時に、包丁を持った犯人が後ろをついているのを確認して
その怪しい男は絶叫した。
そして、『――その後、「私」を見たものはいない』
語り手は殺されてしまった。








タイトルとURLをコピーしました