スポンサーリンク

【意味怖】世界一旨い料理


王様に『世界一旨い料理』を作れと命じられた宮廷の料理人達。
しかし王様は世界中のどんな豪華な食材にも満足せず、
怒った王様は次々と役たたずで用無しの料理人を処刑していった。
そして最後に残った料理人は、明日は自分の番か、と頭を悩ませていた。
月明かりが彼を照らす。
…王様を満足させるには、ありきたりの食材ではダメだ…。
どうする??時間がない。
だがその料理人は閃いた。
「そうだアレしかない。」
早速、自慢のよく切れる包丁を取出し食材の調達に出かける事にした。
…そして、その料理人は、苦労の甲斐あって、何とか最高のエサを食って、
最高に自由気ままに飼育されて丸々肥えた『豚肉』を手にいれる事ができた。
しかしその料理を王様が口にする事は永遠になかった…。

解説


『しかしその料理を王様が口にする事は永遠になかった…。』
王様が食材にされてしまった。
肥えた人がおいしいと分かっていたということは、食べたことがあるのだろうか?








タイトルとURLをコピーしました