スポンサーリンク

【意味怖】記憶喪失


目が覚めると、俺は病院のベッドに寝転んでいた。
辺りを見渡していると、ドアから人が入ってきた。俺は驚いた。
「A君! 気がついたのね!?」
女は俺に駆け寄り、ことの次第を話した。
彼女はBと名乗り、俺は交通事故に遭ってずっと意識不明だったという。
すぐに医者が俺を診てくれた。呆然としている俺を見て「ショックによる記憶喪失」だと下した。
Bは涙を流した。俺と彼女は付き合っていて、すごく心配したと泣いている。
事故の日、俺とBはケンカをして俺が家を飛び出したところ事故にあったという。
近隣の住民も怒声を聞いていて、心配していたらしい。
Bが笑いながら「栄養とらなきゃね。果物ナイフとって」と言う。
果物の盛り合わせとナイフに目を向け、
俺がナイフそれを握ったときにドアが音を響かせて開いた。
「警察の者です。Bさんですね?
 あなたを殺人未遂の容疑で逮捕します」
数人の男のうちの1人が令状の紙を出して、Bの腕をつかんだ。
Bはすがるように俺を見たが、あっけなく連れて行かれた。
俺は果物ナイフを置いた。
後日、新聞には真相が記されていた。
Bは俺と付き合っていたが、浮気を見つけられて俺に別れを告げられた。
Bは嫌がったが俺は一方的に別れを突きつけて家を後にした。
Bは俺を追い、そして車道に出たところでBは俺を後ろから突き飛ばした。
近所の人がそれを見ていたが、Bの形相に恐怖を感じて今まで言い出せなかったらしい。
俺はそばにある果物とナイフを見た。
ナイフを握り、誰にも聞こえないよう呟いた。
「なんで余計なことするかなあ……」

解説


『なんで余計なことするかなあ……』
Aは彼女を果物ナイフで殺そうとしていた。
記憶喪失にはなっていなかったのだろうか








タイトルとURLをコピーしました