スポンサーリンク

【意味がわかると怖い話】世界の終り


まだ昭和の時代の話である。
友人が落ち込んでいるのを見て、小西くんは声をかけたのだという。
斉藤くんは普段は陽気な冗談ばかり言う子で、高校のクラスでもムードメーカー的存在だった。
その彼が落ち込むなんて珍しい。
「30年後に巨大隕石が地球に衝突して、世界が終わるんだ」
重いため息とともに、斉藤くんはそう言った。
「なんで、そんなことがわかる?」
「俺には予知能力があるから」
小西くんがしばらくジッと見つめていると、斉藤くんはいきなりゲラゲラと笑い出した。
「ちょっと、ビビッただろ、今?」
「そんなわけないだろ!」
背中をばしっと平手打ちしてやると、「いてーな」と笑うその顔は、いつものひょうきんな斉藤くんのものだった。
「でももし世界が終わるとしたら、小西はなにをする?」
「おまえはどうするんだよ?」
「わかんないなぁ。とりあえず、平成になってからの話だから、まだまだ時間あるしな」

解説


時代は昭和なのにも関わらず、次が平成だとわかっている。
つまり予知能力は本当であり、隕石が衝突する。








タイトルとURLをコピーしました